なぜ多くの人のチャレンジは失敗に終わるのか?

この記事は2分で読めます

531076_585856254777839_1677433606_n

こんな逸話があります。

・・・

男が歩いていると、
たまたま道端の草むらに蝶のサナギを見つけました。

よく見るとサナギは、殻を破って
外に出てこようとしている真っ最中でした。

男は、「サナギが蝶になる瞬間を見てみたい」
という単純な好奇心から、そのプロセスを
興味深く観察していました。

それから10分、20分、30分待っても、
一向にサナギは殻を破ることができません。

一生懸命にもがいてはいるのだけど、
なかなかどうして。

それから1時間が経過した頃、
男はサナギが可哀想に思えてきました。

最初は好奇心で観察していたのですが、
この頃には「手助けをしてあげたい」
という感情に変わっていました。

そして、男が何をしたかというと、
ハサミで殻を切ったのです。

すると、サナギは殻から簡単に出ることが出来、
男はほっとしました。

しかし、何か妙でした。様子が変なのです。

と言うのも、殻から出て蝶になるはずだった
そのサナギの羽はグシャグシャで、縮んでいて、
そして胴体は滑稽に膨れ上がっており、
その姿はとても蝶とは言えず、しかしもはや
サナギとすら言えませんでした。

もちろん、そんな状態で羽ばたくことなど
できるはずもなく、そのサナギでも蝶でもない
奇妙な生き物は、ゆっくりと、テクテクと、
その場から歩いて去って行こうとしているだけでした。

男に悪気はありませんでした。

男はただ、サナギの手助けをしてあげたかっただけです。

しかし彼の行為は、サナギが蝶に成長する事を
阻んだだけに過ぎませんでした。

男が見ていて可哀想だと思ったサナギの
もがく姿は、サナギにとっては、必要な
プロセスだったのです。

もがいて、もがいて、そして殻から
出るというプロセスが、サナギが蝶に
なるための必要不可欠な事だったのです。

それは、サナギにとっては辛く、
大変な作業だったかもしれませんが、
わずかな殻の隙間からどうやって出るのか、
何をすれば抜け出すことができるのか、

それを「ひたすらもがく」という行為を経た先の、
「胴体から養分を羽に持っていく」という

“答え”

が必要だったのです。

胴体の養分を羽に持って行く事で胴体を小さくし、
さらに羽を広げることによってはじめて殻から
出ることができる。

羽ばたけるようになるのです。

「もがく」という作業はとても辛くて大変で、
しかし最も大切な作業だという話です。

多くの人は、この「もがく」段階で
チャレンジをやめてしまいます。

何かのスキルをマスターしようとした瞬間、
目標を見つけてチャレンジをはじめようとした
瞬間、その瞬間は情熱で一杯なのだけど、
最初のもがく作業が凄く地味で、辛くて、
大変で…だからすぐに止めてしまいます。

しかし、本当にわかってほしいのは、
その地味で辛くて大変なプロセス自体が、
チャレンジを達成するために必要不可欠な
ステップだということです。

過去、自分と交わした約束で果たせて
いないものがあるのなら、それは「もがく」
という作業が足りなかったか、あるいは
もがき方が間違っていたのか、のいずれかだと思います。

今、あなたが持っている目標が紛れも
ないチャレンジであるならば、楽して
手に入れる事は決してできません。

チャレンジをはじめたとき、
「辛い」「苦しい」「もうやめたい」と思う
瞬間は必ず訪れますが、その瞬間が来たら
同時にこうも思ってください。

「チャンスタイムがきた!」

 

signature

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 68674_558274727535992_1640561364_n
  2. 431919_622639204432877_1115460255_n
  3. 10872139_536429599792781_398723754_n
  4. 400484_628187227211408_752582959_n
  5. 400754_626185364078261_1159593485_n
  6. 429729_587929767903821_130704460_n
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AUNプロフィール


AUN/Kohei Nishiso
小っちゃな世界(コミュニティ・業界)のヒーローを創出するコンサルタント
詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

PV

AUNのPVです。ぜひ一度ご覧ください。



※大きい画面はこちらのページで

個人メディア


公式LINE@


公式facebookページ


公式ウェブサイト