台湾で愉快な仲間たちと

この記事は6分で読めます

10152042_508080259294382_7262758139771441794_n

ども、AUNです。

こないだ友人たちと、
台湾の台北に住む友人のところへ
遊び打ち合わせしに行ってきました。

QOL田中タカヒサと謎のコンサルタントMr.Gと、
台北在住の田辺君という男のところへ行ってきたのです。

 

実は僕、普段あまり日本から出たことがありません。

本当は言いたくないのですが、海外音痴です。

以前、香港~中国に行った時も、不安でたまりませんでした。

まあ、行ったら行ったでなんとかなるんですが、
単純に、寂しいんですよ。

「AUNさん、海外でのその孤独感は成長に直結してるんですよ」

とか言われるかもしれませんが、

 

 

うるせぇよ

 

 

と、ここは言わせてほしい。
寂しいもんは寂しいんだから。

 

はい。

でも、今回は大丈夫です。

なぜなら、台北の空港で、
タナ・Mr.G組が待っていてくれることになっていたからです。

それで、台北に到着し、出国を終え、荷物を取り、
エントランスへ行き、ワクワクの気持ちでタナに電話しました。

これから皆でタクシーに乗って、
楽しくて有意義で贅沢な時間が始まるわけですからね。

AUN「今着いたよ。もう空港のエントランスいる」
タナ「え、俺らもエントランスだよ」
AUN「ん、どこだろ?」
タナ「いや、エントランスっつったらここでしょ」
AUN「いや、いねーし」
タナ「……もしかして、なんだけど、、、違う空港にいる?」
AUN「は、何、違う空港って……何言ってんの?」
タナ「いや、台北には空港が2つあってさ……」

 

 

AUN「は??」

 

 

……台北って、空港2つあったんですね。

僕の到着まで3時間以上待っていた彼らがいたのは、
台北市街まで車で10分くらいの松山空港。

僕が到着したのは、
台北市街から45キロくらい離れた、
車で40分はかかる桃園国際空港。

 

何て言うか、絵にかいたようなミス?

 

その瞬間、僕のHQは、
くっそ愛想の悪い税関員レベルにまで落ちていたわけですが、
もう仕方ありません。

一人でタクシーに乗って、
宿泊ホテルがある台北市街に行かないとはじまらない。

タクシーが安いと評判の台湾ですが、
換金して最初に使った人民元が4000円相当の
タクシー代に化けるとは夢にも思いませんでした。

余談ですが、台湾のタクシーって、
250メートル毎に5元ずつ加算され、
その度に、「ピキーン」って音が鳴るんですが、
高速に乗ってるとピキーンピキーン鳴りっぱなしです。

そのピキーンが、僕のHQを下げに下げていました。

もうこれ以上、HQは下がらない、、、
というところで、やっとホテルに到着し
タクシーから降りたんですが、そこにタナたちはおらず。

LINEで連絡を取ると何やら徒歩10分ほどの
大衆食堂で食事をしているんだとか。

仕方ないので、そこまで歩くことに。

トボトボ歩きました。

それで、教えてもらった場所の近くまでくると、
少し離れたところから

 

「AUN!」

 

という声がしたので、そちらに目をやると、
見たことのある体格の良い日本人がいやがったわけです。

 

……みたいなところからスタートした旅でした(笑)。

 

以下、写真と簡単なコメントだけ並べておきます。

面白いかどうかはわかりませんが、
雰囲気だけでも感じ取ってもらえるんじゃないでしょうか。

時間があるときの暇つぶしにでもどーぞ。

2014-09-23 13.32.11 2014-09-23 14.20.45

やつらと合流してすぐの光景になります。

2014-09-23 14.36.21

宿泊したホテルのエントランスの装飾です。

趣味の良し悪しは別として、
これだけ見ると派手なホテルに見えるのだけど、
ふっつーーーのビジネスホテルっぽい感じのホテルです。

僕一人なら安宿でいいんですが、
一緒に泊まる奴等もいることだし、、、
ってことで、そこそこいいホテルを取る
予定だったのですが、
僕もやつらもアクションが遅く、
予約を入れようとしたときには
すでに満室でした。

2014-09-23 15.08.17 2014-09-24 11.29.06

こんな感じで、
部屋も、部屋からの眺めもふっつーーーなのですが(笑)、
ホテルのスタッフさんたちの対応は凄くよかったですよ。

ちゃんと日本語大丈夫なスタッフもいましたし。

次もまたここでいいかな、とか思えるレベルでした。

 

夜は、田辺君と合流し、
いい感じに賑やかな場所で飲みました。

2014-09-23 18.13.03 2014-09-23 18.11.36 2014-09-23 20.01.18

昔話やらビジネスの話やら、
花を咲かせる種もといネタは山ほどあるわけで、酒も進みます。
2014-09-23 18.22.35

 

2014-09-23 21.14.20

本当に、いい感じで酒が進むわけです。2014-09-23 18.38.41

2014-09-23 18.45.442014-09-23 19.49.022014-09-23 22.03.14

飯も上手いので、とにかく酒が進みます。2014-09-23 22.02.5910245584_750749524995443_5235615401445137775_n 10710926_508080515961023_994282810474072722_n1件目にしては、結構飲んだ方?
一人頭ビン5本ってところでしょうか。

この時は、まだまだこれから~ってかんじです。

(てか、Mr.Gって顔出しNGだったような……ま、いっか。)

2014-09-23 22.43.19夜は終わりません。

 

前日ほぼ朝まで飲んでいたので、二日目の午前は丸つぶれ。

で、昼間はタナとスタバin台北で今後の活動に関する
打ち合わせなどをやっておりました。

ホテルの部屋での細切れの時間などを使って
メルマガをちょこちょこ書いたりはしていたのですが、
公に仕事をしたのは、これが最初で最後ですね(笑)。

でも、年末くらいに行う予定にしている
タナとの共同企画は相当面白いものになりそうです。

ぜひ楽しみにしていてください。

 

で、夕方からは、また田辺君と合流し、飲み&飯でした。

1723328_508080179294390_3882223095901928134_n

2014-09-24 17.58.432014-09-24 18.45.102014-09-24 18.06.082014-09-24 18.06.04

 

有名店ではないけれど、有名店並みに美味しい小籠包の店を案内してくれました。

 

飯食った後は、電車に乗って夜市へ。

2014-09-24 20.10.26 2014-09-24 20.09.41

中国も同じですが、切符はプラスチック素材のコインです。

I000001552

eb02945a85a6211a_Simages200704062003122014-09-24 20.33.192014-09-26 00.31.172014-09-24 20.47.45

10696216_508080445961030_3025281127221165581_n

 

この店のマンゴーかき氷は絶品でした。2014-09-24 21.35.26

夜は更けていくのでした。

 

で、三日目になって思ったことなのですが、
ここ二日間飲んでばかりで、
普通にやるであろう観光みたいなことをろくにやってなかった。

そのことに少しばかり危機感というか罪悪感を覚え、
急遽、台北101に普通の観光をしに行きました(苦笑)

10152042_508080259294382_7262758139771441794_n

10524318_508080282627713_3722001125662828573_n2014-09-25 16.04.122014-09-25 15.21.49

撮影はMr.Gに任せっきりでした。

2014-09-25 17.03.17

一応、テーマは「普通の観光」だったので、
こんな普通っぽい写真を作ってみました(笑)

なんだこれ(苦笑)。

 

んで。夕方からはまた田辺君と合流し、飯を。

2014-09-25 18.13.34

2014-09-25 18.19.48

火鍋です。

2014-09-25 18.56.252014-09-25 18.55.22

肉類はもちろん、
チーズの入った小籠包や肉汁たっぷりの小籠包も絶品でした。

2014-09-25 18.15.54

おっと、これはなんだと思います?

これは、アヒルの血を固めたものです。

日本人は引くのですが、こっちでは常食です。
スーパーにも普通に並んでます。

僕も食べましたが、味は、何て言うか、ないですね(笑)。
触感は、豆腐の少し硬い感じで、悪くなかったです。

てか、前に中国言った時にも露店で食べたんでした。
その時はアヒルではなく、豚の血液でしたが。

2014-09-25 18.23.26

 

 

10418370_508080209294387_476546690236871782_n

 

これは、カラオケをしているのではなく、
バーで飲んでいた時にチャレンジした「水タバコ」を
吸っている時の様子です。

別にヤバいものではないです。

日本にもあります。

最後の夜となるこの日は、
このバーを最後の舞台とし、有意義な時間に花を咲かせました。

 

この日の夕食は、少し贅沢な店でしたが、田辺君の案内は秀逸。

無駄に高級チックな場所へ連れていくような真似はせず、
その地域の雰囲気を肌で感じられる場所をバランスよくチョイスしてくれてた。

正直、僕らは高級な場所を梯子するようなことは求めてないわけで。

事前に何のヒアリングをすることなく、
でもそこんところをちゃんと理解していて、
ボクらにとってのベストだと思われるモテナシを
何の気なしにやるわけですね、彼は。

ろくに観光していないボクらに、
その場所の魅力を十分に味わわせてくれたわけです。

見た目も男前だけど、何よりマインドが男前やなぁ、とか思ったね僕は。

 

んで、深夜まで有意義な語らいが続いたのですが、
僕とMr.Gは、深夜3時ごろにリタイヤし、田辺君とタナを
残して先にホテルへ帰りました。

で、朝10時ごろタナから電話がありました。

「おお、昨夜遅かった割には早起きだな」

とか思いつつ電話に出ると、彼はこう言い放ちました。

 

 

「今まで飲んでた!今店出たから、もうすぐ帰ってくるわ」

 

 

……なんということでしょう。

 

あれからずっと飲みながら語り合ってたみたいです。

もう仕方ないから、そのまま皆で、
近くの美味いと評判の牛肉面を食いに行こう、
という話になり、待ち合わせのロビーまでいくと、、、これです。

 

10482522_508080422627699_5416946275503616983_n

facebookでもあげていて物議を醸していた画像ですが、
こういう文脈だったわけです。

「美しい構図」
「奇跡のショット」
「色彩的なコントラストも絶妙」
「何ですかこの素敵写真」
「素材かと思いました」
「IKEAのカタログに載ってそうです」
「リラックスの究極。写真一枚ですごい学びがあります。」

こんなコメントが続々と寄せられたわけですが(苦笑)、
少し視点を変えてみると、こんなんですよ。

2014-09-26 10.53.06

すぐに回収しましたが、靴だけでなく、
財布も放り出してましたからね。

改めて、彼の器の大きさを感じずにはいられませんでした(これマジ)。

2014-09-26 10.50.29まあ、この後すぐに起きて、皆で牛肉面食いに行きました。

10620709_508080312627710_5878222939001599499_n

たぶん、日本で食べる美味いラーメンの方が
数段美味いんだろうけど、悪くはなかったです。2014-09-26 11.27.24

ただ、アルコールと不眠の影響で
QOLもHQもHPも低下しまくっていたこの方の口には
まったく合わなかったみたいです。

写真は、

「ちゃんと食べぇや」
「えーだってこれ味ねーじゃんか」

みたいなやり取りだったと記憶してます。

2014-09-26 14.03.32その後、ホテルの部屋で完全につぶれてしまった彼を置いて、
Mr.Gと二人で周辺の観光スポットへ行き、お茶をしながら
お互いのビジネスの話などで静かに盛り上がりました。

2014-09-26 14.59.25そして、僕だけ一足先に台北を後にしたのでした。
(別々の空港だもんで。)

 

なんてことない、ただの台湾旅行です。

でも本当は、場所とかは関係なくて、

ブレない価値観で繋がった者同士、
夢を持った意識の高い者同士、
子供のように馬鹿やれる者同士、

がそこに集うだけで、
最高の場・最高の時間・最高の価値が生まれるということです。

そんな仲間をもっと増やしたいと思うし、
増やしていくのが僕の使命だと思うので、
これからもそのためにやるべきことを一生懸命やっていこうと思います。

とにかく、こういう時間を持つことが許される環境や
周囲の人々の支えに、心から感謝しなければいけませんね。

これを見てくれているあなたもその一人ですよ、間違いなく。

本当に、ありがとう。

 

ということで、以上!

sign

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. wasa-raihuku006
  2. image1
  3. IMG_1617
  4. 64489_607109425985855_567783954_n
  5. image7
  6. tsuyazaki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AUNプロフィール


AUN/Kohei Nishiso
小っちゃな世界(コミュニティ・業界)のヒーローを創出するコンサルタント
詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

PV

AUNのPVです。ぜひ一度ご覧ください。



※大きい画面はこちらのページで

個人メディア


公式LINE@


公式facebookページ


公式ウェブサイト