LIVEメルマガの感想(2014年8月23日配信分)①

この記事は2分で読めます

000001

どうも、AUNです。

僕のコアチームメンバーから
メルマガの感想を貰いましたので掲載します。
LIVEメルマガ読者でないとわからない
内容ですが、熱意は伝わると思います。

その熱意からメルマガへの期待を
膨らませていただき、僕のすべてのチームの
入口である無料メール講座『The Changing!』に
登録していただければ幸いです。

 

———————————-

アウン、こんにちは。

トゥースです。

メルマガありがとうございます。

「今ここを伝染させる」

って感覚「わかりやすいなぁ」
と思いながら読んでいました。

今まで僕は人を巻き込むことに
若干の抵抗がありました。

その抵抗が、

・人に伝える
・巻き込む
・伝染させる

ことへの行動力のなさに
繋がってるのかなと思いました。

これらが出来なかったのは
「自信がないから」
ってことに集約されるのですが、

前と違うのは

自分を信じれてきているということです。

それらが強まったのは

なぜなのか?

自分なりにその源泉を辿ってみたのですが、

それは、

“アウンを始め
発信者のメルマガや他のメディアの
感想を送ったりしていたことが
ことの発端な気がしています”

僕の場合はアウンのメルマガへの
感想を綴ることから、
色んなことが動き出したような気がしてます。

少しずつ共感が強まっていったんでしょうね、
知らず知らずのうちに。

これが今コアに関わらせてもらっている
源泉かなと最近ふと思いました。

もちろんいつも「今ここ」は無理なのですが、
色んなコンテンツに触れる時も

「これを自分のメディアでみんなにどう伝えたら役にたつかな?」

という感覚が出てきました。
そう思うと、僕のチームには

「これは必要」
「これは必要ない」

という判断もできる。
情報の断捨離も出来るし、
「今ここ」というのも具体的に
実践しやすいなぁと感じました。
これらは全てずっと前にアウンに教えてもらった

「メルマガへの感想は自分のため」

というマインドが少し根付いたからだと思います。

これ個人的にかなりいいアウトプットになってる気がしていて。
“発信者の感情や感覚に共感して
感想(アウトプット)送る”って

モデリングにもなってるんですかね?

コンテキストをマネるのにも
一役買ってるのかもしれないですね。
あと、単純に発信側も反応があると嬉しいですもんね。

これもwin-win。
そう思ってメルマガを読むと

過去にも未来にもエネルギーが
分散していない状態にもなるし、

コンテンツに触れた限り

「手を抜かずにアウトプットする」

ということにも繋がるなぁと。

勉強になりました。

ありがとうございました。
・・・
というか、
Perfumeライブ羨ましいす。。(´・_・`)

彼女らは下積みが長いから
会話を聞いてても常に謙虚なんですよね。

ファンあっての自分達ってのが
肌でわかってるなぁと思います。

では、今回はこの辺りで、、

またメルマガ待ってます。

読んでいただきありがとうございました!
PS

こないだから続くメルマガの

「右を見ながら左を見る」

内容がかなり気になっているので、

配信楽しみに待ってますねぇ~。

 

PPS

「右を見ながら左を見る」って言葉
漫画“ナルト”の中にもそういう話が出てきたんすよね。

ナルトが
《師匠と同じ必殺技を覚える時》
に師匠との会話で出てきたのが

この言葉だった気がします。

その必殺技(“らせんがん”ってやつです)は
合い反する事を同時にやらないとその状態を作れない、、

だから、

「右を見ながら左を見る」

みたいな。

その話とアウンの今回のお話が
リンクしてるかどうかはわからないですが、
もしちょっとでもリンクしていたら
おもしろいなぁと思いまして、笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 10678788_503342569768151_426930255106699567_n
  2. 000003
  3. 000002
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AUNプロフィール


AUN/Kohei Nishiso
小っちゃな世界(コミュニティ・業界)のヒーローを創出するコンサルタント
詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

PV

AUNのPVです。ぜひ一度ご覧ください。



※大きい画面はこちらのページで

個人メディア


公式LINE@


公式facebookページ


公式ウェブサイト