相手の頭に“タイムカプセル”を投げ入れる

この記事は2分で読めます

400754_626185364078261_1159593485_n

ども、AUNです。

あなたは子供の頃、親に叱られたことはありますか?

僕はあります。

いつも、こっぴどく叱られていました。

誰にでも経験があると思います。

当時は、なぜ叱られたのかが理解できなかったり、
親の気持ちがわからずに反発してしまったりした
事があるかもしません。

恨んだ事もあるかもしれません。

でも、何年も何十年も経って色々な経験を積んで
ふとした瞬間、人の親になってからふとした瞬間はじめて、

 

【あの時に叱られた意味が理解できた】


という経験もあると思います。

「ああ、あの時言われたのはこう言う事だったのね」

僕は今33歳ですが、
この歳になってはじめて理解する事もあります。

それは、何十年も前に両親が、僕の中に
タイムカプセルを投げ込んでくれたのです。

いつ開くかもわからないタイムカプセルを、
頭の中の目立たない場所に投げ込んでくれたのだと思っています。

タイムカプセルが開くまでは恨まれ続ける
かもしれないという“覚悟”と、
しかし一向に構わないという“愛情”で
包まれたタイムカプセルを投げ込んでくれた
のだと思っています。


【これは提供精神だと思います】

親の子に対する提供精神は最強だと思います。
(例外を見ると悲しくなりますが)

ただ、それに近いレベルの提供精神を
持った親以外の人に出逢う事が、極まれにですが、あります。

それは、

親友かもしれないし、
奥さんかもしれないし、
上司かもしれないし、
学生時代の恩師かもしれないし、
アルバイト先の先輩かもしれない。

人それぞれだと思います。

何をやっても、ちっとも叱らず大事な
ところは無視してご機嫌ばかりを取って
表面的な関係に終始しようとする残念な大人
たちが沢山いる中、本物の提供精神を持つ
人と出逢う事があります。

僕はビジネスをやる関係から、


【ビジネスは提供精神ありき】

という学びを、運良く得る事ができました。

また、


【すべの人間関係は提供精神にある】


という本質にも気づく事ができました。

しかし、意識し出して思ったのですが、
頭では解っていても、本物の提供精神を持つ事は難しいです。

友達でも恋人でも家族でも、難しいです。

提供するよりも、もらう側でいたいという
子供の頃の気持ちが、誰でも必ずどこかにあると思います。

一時でも、恨まれたり誤解されたりするのは嫌です。

でも、ボクらが提供すべき誰かに対して、
親のレベルに近い提供精神にどれだけ
近づけるか…が、成功の鍵なんじゃないか。

人生で長期的に成功する秘訣なんじゃないか、と思います。

もちろん、僕自身まだまだ未熟で、
笑えるくらい未熟な男ですが、
これまでに出逢ってきた何人かの、
本物の提供者に報いる為にも、


【他人にタイムカプセルを投げ入れらるくらいの男】


になる必要があると思っています。

まだ時間はたっぷりかかるかもしれないけど、
この気持ちは忘れたくないと思います。

sign

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. QA9
  2. wasa-raihuku002
  3. 68674_558274727535992_1640561364_n
  4. 1375857_696147693748694_1686425904_n
  5. 294853_621331487896982_1276104615_n
  6. 1391822_696915230338607_559227642_n
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AUNプロフィール


AUN/Kohei Nishiso
小っちゃな世界(コミュニティ・業界)のヒーローを創出するコンサルタント
詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

PV

AUNのPVです。ぜひ一度ご覧ください。



※大きい画面はこちらのページで

個人メディア


公式LINE@


公式facebookページ


公式ウェブサイト